【労働ニュース解説動画③】固定残業代 一方的な減額認めず 手続きの公正性欠く 東京高裁

2022.07.22 【ニュース解説動画】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

注目のニュースについて、専門家の先生方に動画で解説して頂きます。10分程度の短い動画ですので、忙しい方でも素早く確認できます。

今回は「年俸に組み込まれていた固定残業代を、一方的に減額した例」について解説します。(収録:2022年7月15日)

解説:弁護士 岸田 鑑彦(杜若経営法律事務所)

〈今回解説したニュース記事はこちら!↓↓〉
固定残業代 一方的な減額認めず 手続きの公正性欠く 東京高裁

この動画はサンプルです。
全編およびレジュメ等は労働新聞・安全スタッフ定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。