社会保険労務士法施行規則 第17条~第17条の2

【社労士法施行規則】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは社会保険労務士法施行規則(社労士法施行規則) 第17条第17条の2 を掲載しています。

(令和2年6月12日施行)

第四章 監督

第十七条 法第二十四条第二項の証明書は、社会保険労務士業務検査職員証(様式第十号)とする。

(登録抹消の制限に係る懲戒の手続の開始時期等)

第十七条の二 法第二十五条の四の二に規定する社会保険労務士が懲戒の手続に付された場合とは、社会保険労務士に対し、懲戒処分に係る聴聞又は弁明の機会の付与について行政手続法(平成五年法律第八十八号)第十五条第一項又は第三十条に規定する通知をした場合をいう。

 厚生労働大臣は、社会保険労務士に対して前項に規定する通知を発した場合には、その旨を連合会に通知しなければならない。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。