労働基準法第三十七条第一項の時間外及び休日の割増賃金に係る率の最低限度を定める政令

【労基法時間外及び休日割増賃金率最低限度政令】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは労働基準法第三十七条第一項の時間外及び休日の割増賃金に係る率の最低限度を定める政令(労基法時間外及び休日割増賃金率最低限度政令)本則、附則を掲載しています。

(平成13年1月6日施行)

 労働基準法第三十七条第一項の政令で定める率は、同法第三十三条又は第三十六条第一項の規定により延長した労働時間の労働については二割五分とし、これらの規定により労働させた休日の労働については三割五分とする。

附 則

 この政令は、平成六年四月一日から施行する。

附 則(平成一一年一月二九日政令第一六号)

 この政令は、平成十一年四月一日から施行する。

附 則(平成一二年六月七日政令第三〇九号)(抄)

 (施行期日)

 この政令は、内閣法の一部を改正する法律(平成十一年法律第八十八号)の施行の日(平成十三年一月六日)から施行する。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。