労働安全コンサルタント及び労働衛生コンサルタント規則 第21条~第22条

【コンサルタント則】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは労働安全コンサルタント及び労働衛生コンサルタント規則(コンサルタント則) 第21条第22条 を掲載しています。

(令和2年12月15日施行)

第三章 雑則

(報告)

第二十一条 厚生労働大臣、都道府県労働局長又は労働基準監督署長は、法第百条第一項の規定により、コンサルタントに対し、必要な事項を報告させ、又は出頭を命ずるときは、次の事項を通知するものとする。

 報告をさせ、又は出頭を命ずる理由

 出頭を命ずる場合には、聴取しようとする事項

(帳簿)

第二十二条 コンサルタントは、次の各号に掲げる事項を記載した帳簿を備え、これを記載の日から三年間保存しなければならない。

 依頼者の氏名(法人にあつては、その名称)及び住所

 依頼を受けた年月日

 実施した診断の項目

 依頼者から受けた報酬の額

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。