労働災害防止団体法 第8条~第10条

【労働災害防止団体法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは労働災害防止団体法 第8条第9条第10条 を掲載しています。

(平成27年12月1日施行)

第二章 労働災害防止団体
第一節 通則

(種類)

第八条 この法律による労働災害の防止を目的として組織された団体(以下「労働災害防止団体」という。)は、次に掲げるものとする。

 中央労働災害防止協会(以下「中央協会」という。)

 労働災害防止協会(以下「協会」という。)

(人格、住所等)

第九条 労働災害防止団体は、法人とする。

 労働災害防止団体の住所は、その主たる事務所の所在地にあるものとする。

 労働災害防止団体でないものは、その名称中に労働災害防止協会という文字を用いてはならない。

 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成十八年法律第四十八号)第七十八条(代表者の行為についての損害賠償責任)の規定は、労働災害防止団体に準用する。

(登記)

第十条 労働災害防止団体は、政令で定めるところにより、登記しなければならない。

 前項の規定により登記しなければならない事項は、登記の後でなければ、これをもつて第三者に対抗することができない。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。