四アルキル鉛中毒予防規則 第1条

【四アルキル鉛中毒予防規則】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは四アルキル鉛中毒予防規則(四アルキル鉛則)第1条を掲載しています。

(令和2年8月28日施行)

第一章 総則

(定義等)

第一条 この省令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

 四アルキル鉛労働安全衛生法施行令(昭和四十七年政令第三百十八号。以下「令」という。)別表第五第一号の四アルキル鉛をいう。

 加鉛ガソリン令別表第五第四号の加鉛ガソリンをいう。

 四アルキル鉛等四アルキル鉛及び加鉛ガソリンをいう。

 タンク四アルキル鉛等によりその内部が汚染されており、又は汚染されているおそれのあるタンクその他の設備をいう。

 四アルキル鉛等業務令別表第五に掲げる四アルキル鉛等業務をいう。

 装置等令別表第五第一号又は第二号に掲げる業務に用いる機械又は装置をいう。

 この省令(第十二条、第十三条、第二十条及び第二十五条の規定を除く。)は、遠隔操作によつて行う隔離室における四アルキル鉛等業務については、適用しない。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。