高所作業の基礎知識 改訂第2版 ―ハーネスやロープ高所作業の安全対策Q&A―

~あらゆる高所作業は重力に逆らう危険な行為です~

墜落してもハーネスを着用していれば安全だと思っていませんか? 実際はハーネスで20分以上の宙づり状態になると、腿ベルトが大腿静脈を圧迫して血流を止め、脳と心臓に致命的損傷を与える可能性があります。 ハーネスでも救出されるまで延命措置が必要です。
また、ロープ高所作業は高度なロープ操作技術が要求されますが、特別教育の実技時間ではこのような技術の習得は不可能です。レスキュー計画ができない作業はしてはなりません。
本書は、これらの問題に対するハーネスの具体的な使用方法と2016年1月からのロープ高所作業に関する新規則についてQ&A形式で解説しています。改訂に際し、腿ベルトによる静脈閉塞等を加筆しました。墜落災害防止の一助となる一冊です。

菊一 功 著

判型・ページ数:B5判/52ページ 発売日:2017年12月20日|価格:540円(税込) ISBN:978-4-89761-676-6 C2036 Y500E

ご購入方法

弊社より直接のご購入
発売日以降に請求書・振替用紙同封のうえ発送いたします。
※定期刊行物ご購読者は一部商品を除き1割引でご購入いただけます。
オンライン書店での
ご購入
クレジットカード・代引き・コンビニ等でのお支払の場合は、各オンライン書店でのご購入になります。

オンライン書店でのご購入

各書店のロゴをクリックするとオンライン書店ページへ移動します。
ページトップ