休憩時間に機械の調整をしていて重傷 他の作業者が機械を起動させた

【はさまれ・巻き込まれ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

 金属製品加工工場で、作業者(A)が休憩時間に、停まっている加工機械の調整を行っていたところ、休憩から戻ってきた作業者(B)が起動のスイッチを入れたため、加工機械のシール機構部分が下降し、Aの右手指部分がはさまれて複雑骨折し、休業10日、永久障害のケガを負った。

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ