強風で振られた吊り荷に当たって墜落、死亡 不測の事態に備えての安全帯使用を考えなかった

【建設業】【墜落・転落】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害の発生状況

 工場の高さ約10mの集じん機に極板を設置するため、重機リース会社の運転手が移動式クレーンで集じん極板(縦2m・横1m・厚さ15cm)を吊り上げていた際、高さ約11mの工事用の足場の手すりから身を乗り出してロープで吊った端材を降ろしていた被災者(男性・61歳)の背中に、強風で振られた極板が当たり、そのはずみで墜落して死亡しました。

災害の主な原因

① 朝から…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。