腰壁解体作業中に倒壊(被災30日後に死亡)

【建設業】【崩壊、倒壊】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 総戸数460戸の大規模集合住宅の1階に手洗い場と散水栓を設ける改修工事作業中に災害が起きた。

 1階共用部に共同の給水設備を設けるため、コンクリート腰壁(幅180cm 高さ153cm 厚さ18cm)を解体するため、同僚と2人で朝から前日に続いて、空気式削岩機(エアピック)で斫り作業に入り、午前10時に終わった。休憩後、被災者は、腰壁の周囲の鉄筋がむき出しになった横筋と下方の縦筋の内側1列を手持ち式グラインダーで切断したところ、腰壁が倒れ掛かり、被災者は、階段壁と腰壁との間に胸部を挟まれ、30日後に亡くなった。

原因

① 職長は現地で、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。