国民健康保険法施行規則 第37条~第42条

【国健保法施行規則,国保法施行規則】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは国民健康保険法施行規則(国健保法施行規則,国保法施行規則) 第37条第38条第39条第40条第41条第42条 を掲載しています。

(令和2年12月9日施行)

第五章 診療報酬審査委員会

(委員の任期)

第三十七条 国民健康保険診療報酬審査委員会(以下「審査委員会」という。)の委員の任期は、二年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長)

第三十八条 審査委員会に、公益を代表する委員のうちから委員が選挙する会長一人を置く。

 会長は、会務を総理し、審査委員会を代表する。

 会長に事故があるときは、公益を代表する委員のうちからあらかじめ会長の指名する者がその職務を代行する。

(招集)

第三十九条 審査委員会は、会長が招集する。

(定足数)

第四十条 審査委員会は、委員の定数の半数以上の出席がなければ、審査を行うことができない。

 審査は、出席した委員の過半数をもつて決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(診療報酬再審査部会)

第四十一条 審査委員会は、第三十条の規定により再度の考案を求められた事件について審査を行うため、その定めるところにより、診療報酬再審査部会を置くものとする。

(幹事)

第四十二条 審査委員会に幹事及び書記若干人を置く。

 幹事及び書記は、国民健康保険団体連合会の職員のうちから理事が選任する。

 幹事は、会長の指揮を受けて審査委員会の庶務を処理する。

 書記は、幹事の指揮を受けて審査委員会の庶務に従事する。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。