【ぶれい考】日本をテスト市場に/後藤 郁子

2012.07.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨今、日本経済は景気後退や少子化による継続的な規模縮小など悪い噂ばかりだが、まだまだ日本市場の活用方法があることに気付いたので今回はそのお話。

 ご存知のように、銀座や原宿など東京の観光地を歩いていると半数以上がアジア系の観光客で、皆一様にショッピングを楽しんでいる。日本政府観光局のデータをみると、訪日するアジア人のトップ3は中国、韓国、台湾で、香港、タイ、マレーシアからの来日も増えているようだ。

 彼らからみた場合、確かに日本で売っているものは魅力的だ。…

筆者:㈱トウキョウブランディングシーメディア 代表取締役 後藤 郁子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年7月23日第2882号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ