【イラストで学ぶリスクアセスメント】第180回 スタッカークレーンの災害

2018.10.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回は、立体自動倉庫内のスタッカークレーン〔*1〕の修理作業中、ラックの「固定はしごの背もたれと手すりの間」に挟まれの災害をテーマにします。

 〔*1〕スタッカークレーンは直立した2本のガイドフレーム(マスト)に沿って、上下するフォークを装備し、フォーキングによって倉庫などのラック(荷物を載せる台)の荷を出し入れするために使用されている。スタッカークレーンの種類は、「入荷昇降式(普通型)と荷昇降式〔図①・②〕」があり、いずれも「床上型・懸垂型・天井クレーン型〔図③~⑤〕」の3つに分類されている。図③は、スタッカークレーンが床上の走行レールを走行する。図④は、スタッカークレーンはラック上部に備えられた走行レールに懸垂されて走行する。図⑤は、ガーダーにトロリを設け、荷台が昇降するマストを備えている。

《スタッカークレーンの構造・運転資格等》

 構造はつり上げ荷重〔*2〕が「500kg以上のもの」と、「500kg未満のもの」〔安衛法のクレーン則・クレーン構造規格の適用外〕に大別されている。スタッカークレーンは、特に危険な件業を必要とする機械なので、…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月1日第2317号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ