【民法から考える!!フリーランスの活用】第1回 厚労省内で検討進む 3つの指針まとまる “働き方改革”に対処へ/芦野 訓和

2018.10.04 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

環境整備を要する

 平成29年度、厚生労働省のもとで「柔軟な働き方に関する検討会」、「雇用類似の働き方に関する検討会」という2つの検討会が立ち上げられた。

 そこで検討されたのは、社会の発展に伴い増加している様ざまな働き方について、問題点を把握し、さらなる発展をめざすための施策の策定・実現である。筆者はその両検討会に委員として出席した。

 本連載では、多様な働き方の現状と法的問題点、民法改正との関連、今後の政策の方向性などについて、両検討会でまとめられた報告書、ガイドラインの内容も踏まえながら解説を行う。

 前述の両検討会は「働き方改革実行計画(平成29年3月28日、働き方改革実現会議決定)」に基づいて立ち上げられたものである。まずは本計画の両検討会に関連する部分について概観する。

 働き方改革実現会議では、一人ひとりの意思や能力、そして置かれた個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方を選択可能とする社会を追求し、働く人の視点に立って、労働制度の抜本改革を行い、企業文化や風土を変えようとすることを目的とし、働く者一人ひとりが、より良い将来の展望を持ち得ることをめざして議論が行われた。…

筆者:東洋大学法学部法律学科 教授 芦野 訓和

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月8日第3179号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ