【イラストで学ぶリスクアセスメント】第178回 クレーンのジブ解体中の災害

2018.09.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、移動式クレーンのクローラクレーンの「ジブ解体時の挟圧(激突され)災害」をテーマにします。

 〔記〕カニクレーンと呼ばれる最大つり上げ荷重3t未満の「アウトリガー付きクローラクレーン」は、安定性を増すため4脚のアウトリガーを放射状に張り出す。機体幅130cm以下なので狭い通路でも進入可能。

《クローラクレーンとラフターの違い》〔

 クローラクレーンは、走行用の履帯(クローラ)を装備し「台車上にクレーン装置を搭載」したもので、履帯式なので走行は不整地や軟弱な場所に移動できる特徴がある。近年「動力伝達方式はほとんど全油圧式」となり、クレーン性能と操作性を向上させている。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月1日第2315号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ