【イラストで学ぶリスクアセスメント】第175回 タコ足配線による災害

2018.08.09 【安全スタッフ】

 近代社会で電気は、事業場・公共・生活の場など、あらゆる場所で利用されている「必要不可欠なエネルギー〔*1〕」です。8月は高温多湿のため「感電や電気事故」が多く、8月1~31日は、「電気使用安全月間(経済産業省)」なので、今回は「電気火災」をテーマにします。

 身近な家庭電気製品の火災発生状況をみると、「電気ストーブ」「コード」「コンセント」「差込みプラグ」などが発火源です。暖房器具は冬季限定ですが、「コード・コンセント・差込みプラグ」は全シーズンで、「タコ足配線・トラッキング現象」(イラストA)が起因して発熱し、火災が発生しています〔*1〕。この機会に、人がいない場所でも発生する「電気火災の怖さ」を知り、具体的な対策を講じましょう。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年8月15日第2312号

あわせて読みたい

ページトップ