【事故防止 人の問題を考える】第11回 危険を軽視する現場では最も多くやっかいで対策が難しい

2017.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

慌ただしい年度末は事故が起きやすい

 年度末を迎えました。役所などとの単年度契約での仕事は、年度末は、工期(納期)に間に合わせるため、慌ただしくなることがよくあります。しかし、その慌ただしさは現場の安全に悪影響を及ぼすことがあります。

 建設現場の責任者の多くは、安全対策上の重点課題に無理な工期設定を挙げます。ある責任者は、「無理な工期設定は事故が起きやすい。突貫工事になると一度に大量の作業員が必要となり、外部から未熟練な者を連れてこざるを得ない。時間に余裕がなく、彼らの業務適正がつかめず十分な教育訓練もできず、事故が起こりやすくなる」と語っていました。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年3月1日第2277号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ