【どこに危険が?何が不安全?】第59回 「炎天下での作業」

2014.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

<状況>

 熱中症に注意が必要な季節です。イラストは午後2時の炎天下、気温32度、湿度は80%近くもあります。このまま作業を続けたら、どのような状況が予想されるでしょう?また、どんな対策を行っておけば良いのでしょうか?…

監修:山室ウェルビーイングコンサルタントオフィス 所長 山室 栄三

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年6月1日第2211号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ