【本当に役立つ!こころの耳】第66回 事例紹介62 SEがうつ病から職場復帰

2018.01.08 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回、紹介する事例は、「システムエンジニアのうつ病と職場復帰の事例(事例3-2)」です。厚生労働省は「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」(2009年改訂)にて、5つのステップに基づきあらかじめ「職場復帰支援プログラム」を事業場全体のルールとして定めることと示しています。

 労働者から管理監督者に主治医による病気休業に関する診断書が提出され、休業が始まります。最初の「第1ステップ」において、労働者が病気休業期間中に安心して療養に専念できるよう、「傷病手当金などの経済的な補償」「休業の最長(補償)期間」「不安、悩みの相談先の紹介」などについて、事前に情報提供などの支援を行うことと示されています。

筆者:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月15日第2298号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ