【想いはせれば】第30回 有機溶剤蒸気の性状

2016.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昭和30年代の中ごろ、履物製造業者が密集している大阪生野区や東京墨田区などで、ビニールサンダルなどを作っていた家内労働者などにベンゼンゴムのりによる重篤な有機溶剤中毒が発生しました。この中毒は作業者だけでなく、赤ん坊や家で臥せっている病人にも及んで社会問題になりました。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年3月15日第2254号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ