【想いはせれば】第28回 複合災害を想定し対策を

2016.02.15 【安全スタッフ】

 「複合災害」とは、一つの災害が発生し、その後に前の災害と同程度か、それより大きな災害が発生した場合をいいます。東日本大震災では激しい揺れ(震度7、M9)の後に大津波が襲い、その後に福島の第一原子力発電所の事故が重なって被害が大きくなりました。大震災から間もなく5年になりますが、事故の影響は続き、今なお約10万人もの人が避難生活を強いられています。

 東日本大震災は原発事故との複合災害でしたが、これまでには、自然災害による複合災害が繰り返し発生しています。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年2月15日第2252号

あわせて読みたい

ページトップ