【想いはせれば】第16回 連絡・合図・確認にこころ

2015.08.15 【安全スタッフ】

 去る6月3日午後1時過ぎ、沖縄・那覇空港で自衛隊のヘリと民間機2機が絡んだ離着陸トラブルがあり、タイミングが前後すると大惨事に発展する事故がありました。国土交通省の調査によると、滑走路脇にいた航空自衛隊那覇基地のヘリコプター(CH-47)が、管制官の許可なく離陸し、滑走路上空を横切ったため、離陸滑走中だった全日空機が急ブレーキをかけて離陸を中止しました。

 このとき、この滑走路に着陸態勢に入っていた日本トランスオーシャン航空機(JTA)に管制官が着陸のやり直しを指示しましたが、間に合わず…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成27年8月15日第2240号

あわせて読みたい

ページトップ