【想いはせれば】第5回 年度末の危険要因

2015.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 工事中の桟橋が横転して7人が死傷(2014年3月30日)、食肉処理工場改修工事の火災で6人が死傷(2014年3月18日)、石油工場で工事中のタンクが火災・爆発し6人が重軽傷(2014年3月1日)、木工工場で煙が出たダクト内を点検中、3人が酸欠で死亡(2013年3月12日)…など。3月は事業場で事故や災害が発生しやすい時期として依然から警戒されています。それも、爆発や火災、酸欠やCO中毒、建設足場の倒壊、送迎車両の交通事故など、…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月1日第2229号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ