【ぶれい考】人事制度改革の失敗理由/八代 充史

2017.10.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 バブル経済崩壊後20年以上に渡って、企業は人事制度改革に取り組んできた。しかし、ジョブグレード、役割等級制度、多面評価制度、社内公募制度など様ざまな人事制度が導入されたが、どれも捗々しい成果を上げたとはいい難い。

 その理由や如何。第1点は、それが「ファッション」で導入されたこと。「人事は流行に従う」というのは社会学者の名(迷!)文句であるが、…

筆者:慶應義塾大学 商学部教授 八代 充史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年10月16日第3132号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ