【人事学望見】第1114回 あのリーマンめぐる賞与請求 株式褒賞も実質的に賃金と同じ

2017.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

私の退職金です。何か?

 2008年9月、米国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ証券が破綻して、続発的に世界的金融危機が発生した。リーマン・ショックという和製英語で知られているこの会社に対する賃金請求事件だが何せ常識ではうかがい知れない大金が、裁判でも登場している。

浮世離れの 好条件並んで

 まずは、リーマン・ブラザーズ証券事件(東京地判平24・4・10)の事のあらましから紹介しよう。

 原告Aは、国内金融機関に約7年勤務した後、移籍の勧誘を受け、平成19年9月から当該会社に雇用された。

 Aと会社の雇用条件をめぐる交渉は、Aと副社長の間で行われた。取り交わされた書面(第1レターおよび第2レター)の内容がすごい。

 ①Aの基本給は年俸3000万円とする、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年9月4日第3127号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ