【グローバル対応 外国人活用と海外赴任の実務】第9回 赴任規程作成の注意点/永井 知子

2017.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

ひな形丸写しは厳禁 労働日数増加にも対処を

 昨今では日系企業であっても、すでに海外進出した企業やこれから海外進出を予定している企業は多い。

 外務省領事局政策課の「海外在留邦人数調査統計」によると、2016年10月1日現在の集計で、日本国外に進出している日系企業の総数(拠点数)は7万1820拠点となっており、前年より691拠点、約1%増加している。過去5年間では18%(1万1032拠点)の増加である。

 実際はここ数年では、…

筆者:コスモポリタンインターナショナルHRソリューションズ 代表 永井 知子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月4日第3127号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ