【管理者必見!!実践的情報漏えい対策】第11回 不正競争防止法 ”未遂犯”へ処罰規定 刑事罰対象の範囲広がる/萩原 大吾

2015.12.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

実行地海外でも処分

 今回は、平成27年7月10日に公布された不正競争防止法の改正を概観する(別掲を参照)。

 不正競争行為とは、商標やロゴマーク等の無断使用、模倣品の製造販売などが典型例であるが、同法には営業秘密の漏えい行為類型についても詳細に規定されている。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 萩原 大吾

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月21日第3045号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ