【人事の小窓 ちょっと道草】これからの働き方とは/片野 桂

2013.11.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 『仕事に忙殺されて、将来のことを真剣に考えていない自分に改めて気づきました』(50歳代・管理職)

 『現場での自分の仕事が、同世代の社員に認められてうれしいです。今の仕事に前向きに取り組みます』(50歳代・一般職)

 これは、当社で行っているキャリア研修の受講者から耳にする、主だった意見です。

 YKKグループでは、この4月から61歳定年となりました。今後、65歳定年まで段階的に引き上げていきます。シニア層を含めてすべての年代の社員を戦力とし、役割に応じた処遇を行っていく方針です。ここには、公的年金引上げへの対応という側面も確かにありますが、…

筆者:YKK㈱ 人事部人事制度グループ長 片野 桂

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年11月18日第2945号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ