【便利な電子申請の利用を】最終回 各府省で改善推進 利用者の意見・要望に応え/齋藤 壽男

2014.05.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

書面よりはるかに楽

 電子申請は、「いつでも」「どこでも」手続を行うことができるため、企業の人事・労務担当者や顧問先を持つ社会保険労務士にとって、手続に要する時間や費用を削減し、事務能率を向上させるメリットがある。

 最初は戸惑うかもしれないが、回を重ねるたびにその便利さを実感できるはずだ。特に、社会保険・労働保険等関係では、年間を通じて様ざまな手続が発生するので書面申請よりも電子申請の方がはるかに楽だ。

 しかし、その一方で、電子申請は、まだまだハードルが高く、使いにくいといった声が多くあるのも事実である。…

筆者:総務省行政管理局情報システム 管理室長 齋藤 壽男

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月5日第2967号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ