【登壇労組リーダー】労働組合あってこその人生/太田 豊久

2015.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 人にはその生き様の原点がある。私の場合はまさに組合であった。

 85年、32歳で委員長を引き継いだが、組合は上部団体未加盟で、専従体制もなかった。当時の労使関係は良いとはいえず、間もなく私に県外転勤辞令が下った。まだ組合のイロハも知らなかったが、不当労働行為を疑った。何軒もの本屋に駆け込んだ。片っ端から労働関係の本を立ち読みし、ストライキで抗議するぞ、と担当者にいった。かじったばかりの知識で、当然、やり方など知ろうはずもない。足が震えた。だが腹をくくった。必死で相手の目を見据えた。…

筆者:日医功労組合 執行委員長 太田 豊久

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年9月14日第3032号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ