【登壇労組リーダー】人事制度導入で働きやすく/平石 雅実

2015.06.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私たちは08年にケーズグループユニオン連合会(以下、連合会)の仲間の支援の下、グループの末っ子として誕生した。当労組は、新潟・長野・石川・富山を担当している。

 組合結成前は、私たちの賃金や働く職場環境に全く疑問も持たず、そういうものだと思って働いていた。しかし、連合会を通じて同じグループの仲間たちと労働条件を比べると限りなく低いものだった。…

筆者:北越ケーズユニオン 執行委員長 平石 雅実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年6月8日第3020号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ