【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】最終回 ”外国人労働者争奪戦時代”のアジアと日本/佐野 孝治

2014.12.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

日本も政策転換を 技能実習の枠組みは限界

(1)おおむね評価も残る課題

 これまで23回にわたって韓国における外国人労働者の現状と雇用許可制の評価、そして比較のために台湾とシンガポールの外国人労働者受入れ制度についても説明してきた。

 韓国社会は、「単一民族」的情緒を持っている点、また少子・高齢化が進む中で、労働力人口が減少傾向にあり、長期的には外国人に依存せざるを得ないという点など日本との類似点が多い。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月22日第2998号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ