【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第25回 調査官解説から読み取る(6)/藤川 久昭

2014.01.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

法的構成の重要性 理論を軽んずるなかれ

1 はじめに

 3号前から、「判決の理論的な部分を調査官解説の力を借りて正確に読む」という点について、安威川生コン事件最高裁判決(最3小判平18年4月18日民集60巻4号1548頁)に関する調査官解説(長屋文裕『最高裁判所判例解説民事編平成18年度550頁』)を素材にして説明してきた。今回は、「本最高裁判決の判断によると、本件ロックアウトは原審の口頭弁論終結時も続いていたことになるから、本判決はおかしいのではないか」、という批判に関する点についての、調査官解説の説明を紹介する。…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月13日第2952号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ