【これで解決!シゴトとココロの問題】第10回 本人の意思確かめ公正な調査を ★労働新聞社Webサイトで配信中★

2021.10.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日々の業務に忙しく、管理的立場にいると、心の健康問題に目を向ける余裕がなくなりがちだ。弊社ではWebサイトで「これで解決! シゴトとココロの問題」という番組を配信し、よりシンプルな語り口で具体的なノウハウを示している。今回のテーマは「上司の異動で適応障害に…」。法政大学の廣川進教授(臨床心理士、公認心理師)は、本人の意思を確かめないでパワハラ案件として扱うのは絶対にNGと指摘。会社は公平で公正な調査をするとともに、本人による「メンタルを理由にした配置転換狙い」もありうるとして、慎重な対応を進めることが重要とした。

上司の異動で適応障害に…

 開発部門で一目置かれる中堅社員のTさん(30代男性)は、春に異動して来た上司(50代男性)から仕事のミスが原因で怒鳴られて以降、度々会社を休むようになっています。最近、「適応障害」という診断書を人事に出し、2カ月ほど休むと言われました。診断書には「配置転換が望ましい」との意見がありますが…。

森谷 瞳(以下、森谷) さあ、廣川先生。こちらの事例はいかがですか?

廣川 進(以下、廣川) まず、この診断にある適応障害ですけど、これが今すごく多くなってきているんです。会社に出される診断書では、うつ病よりも適応障害の診断書のほうが多いというのが現状です。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年10月15日第2388号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。