最新!就業規則・規程の改定と実務セミナー

~御社の就業規則は最近の法改正や労務リスクに対応できていますか?
法改正や重要判例、近時の労務トラブルをふまえた規程等の整備と留意点~

就業規則や諸規程は労働関係の法改正等に応じて常に見直しをはかる必要があります。昨今は長時間労働やハラスメント、ブラック企業問題などが社会問題化し、企業の労務コンプライアンスが社会的にも注目を集める中で、労務管理の基本となる就業規則や諸規程の不備は企業にとって大きなリスクにもなります。
さらに最近は企業の労務管理への影響が懸念される重要な裁判例も多く、法律や行政の動きも含めて、企業が対応すべき課題は多岐に渡り、煩雑になっております。
そこで本セミナーは企業側弁護士の小鍛冶先生を講師にお招きして、最近の法改正や裁判例をふまえた労務管理上の課題を確認するとともに、就業規則と諸規程の必要な改定と実務対応について具体的に解説していただきます。企業が対応を急ぐべき課題と留意点をトータルに解説いただきますので、自社の対応に漏れがないか等の確認にもなります。
人事・労務部門の方、関連のご担当者の皆様は、この機会をぜひご利用ください。

セミナー内容

1.最近の法改正や判例等でおさえておくべきポイント
・有期契約労働者の労務管理における重要課題(無期転換権の発生、正社員との不合理な待遇格差の禁止)と留意しておきたい裁判例(長澤運輸事件、ハマキョウレックス事件等)
・定年後再雇用をめぐる問題
・定額残業代制度に関する裁判例の動向
・同一労働同一賃金ガイドライン、労働基準法改正をめぐる動向、電通事件等長時間労働の問題

2.就業規則・諸規程の必要な改定と実務留意点
・有期契約労働者に関する規程、今後の有期労働契約の取扱
・定年後再雇用に関する規程
・労働時間管理に関する規程
・マタハラ等ハラスメント防止に関する規程

注意事項等

※会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。
※参加費は、下記口座に開催日2日前までにお振込みください。お振込み手数料はお客様にてご負担ください。
※セミナー当日の現金でのお支払いはできません。ご了承ください。
※お振込み後のキャンセルは、開催日2日前までにご連絡ください。それ以降のご欠席の場合、関係資料をご送付し、受講料は申し受けます。

りそな銀行常盤台支店(店番号761)普通 4557077
口座名:株式会社労働新聞社
ふりがな:カ)ロウドウシンブンシャ

セミナープログラム

開催日時
2017年1月25日(水)13:30~16:30(受付13:00~)
会場

【飯田橋】㈱TKC東京本社  2階 研修室
東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル2F

※東京メトロ有楽町線/東西線/南北線、都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅(B4b出口)」よりすぐ
※JR飯田橋駅より徒歩5分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様は、
通常24,840円(税抜23,000円)のところ、16,200円(税抜15,000円)となります。
(1名様についての料金です)

オンライン・オンデマンドセミナー受講の場合は、通常価格となりますので、ご注意ください。

定員
お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-5926-6888
【FAX】03-3956-1611
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

小鍛冶 広道 氏(弁護士 第一芙蓉法律事務所 )

<学歴>
1996年 早稲田大学法学部卒業
<職歴>
1998年 弁護士登録 第一東京弁護士会
企業側の人事・労務問題を中心に弁護士業務に従事している。

著書

「解説 派遣先指針・派遣元指針・キャリアアップ告示・治業務取扱要領」(中央経済社『ビジネス法務』,2016年1月号 共著)
「実務解説『労働契約申込みみなし制度』施行に備えた社外労働者活用の見直し」(中央経済社『ビジネス法務』,2015年11月号)
「派遣法 期間制限の前面見直し! 『派遣』は使いやすくなるのか!」(中央経済社『ビジネス法務』,2014年7月号) 
「『疑義応答集』第2集が公表! 偽装請負と言われないための企業対応(下)」(中央経済社『ビジネス法務』,2014年2月号)
「『疑義応答集』第2集が公表! 偽装請負と言われないための企業対応(上)」(中央経済社『ビジネス法務』,2014年1月号)
「『偽装請負疑義応答集』にみる請負・委託の最新対応(下)」(中央経済社『ビジネス法務』,2009年9月号)
「『偽装請負疑義応答集』にみる請負・委託の最新対応(上)」(中央経済社『ビジネス法務』,2009年8月号)

ページトップ