社内における 最近の「問題社員」対応の実際(福岡会場)

~「問題社員」への対応、できていますか?~

パワハラで部下を委縮させる、ブログに自社や顧客の情報を書き込む、メンタル疾患で休・復職を繰り返すなどの「問題社員」対応に悩んでいる会社も多いと思います。これら「問題社員」に対する対応を誤ると、取り返しのつかない事態にもなりかねません。

本セミナーでは、労働関係の法律問題に詳しい安西法律事務所の岡村弁護士をお迎えし、最新の裁判例や制度改正を踏まえ、「実務的にどう対応すべきか?」「何に注意を払うべきか?」「トラブルにならない方法、トラブルが大きくなる前に対処する方法」を中心に解説いただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

※当日の講演を録画し、後日読者専用サイト内で公開予定です。※

【セミナー内容】
●「問題社員」対応の基本的な考え方
●個別テーマに沿った対応実務
・メンタルヘルス疾患をもつ社員への対応
・パワハラへの対応
・私生活上の非違行為(痴漢・薬物犯罪等)への対応
・IT関連の不祥事(SNSへの不適切な書き込み、情報流出等)への対応

※会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

セミナープログラム

開催日時
2015年7月16日(木)13:30~16:30(受付開始13:00)
会場

都久志会館 4階 401会議室
TEL:092-741-3335
福岡市中央区天神4-8-10
※地下鉄天神駅から 徒歩8分
※西鉄福岡駅・バスセンターから 徒歩10分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様 1紙・誌につき2名様まで無料
読者の方で3名以上のご参加および一般の方は、1名につき16,200円(税込)です。

定員

120名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社 福岡総局(担当:岸田、大場)
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-9-5 池松ビル
【TEL】092-411-3165
【FAX】092-411-3187
【WEB】https://www.rodo.co.jp/
【E-mail】fukuoka@rodo.co.jp

講師プロフィール

安西法律事務所 弁護士 岡村 光男 氏

平成13年3月 立教大学経済学部卒業
平成18年3月 中央大学法科大学院卒業
平成19年12月 弁護士登録(第一東京弁護士会)、安西法律事務所入所

著書

「有期雇用・高年齢者雇用の法律問題」(労働新聞社・共著)、「改訂版最新実務労働災害」(共著)、「Q&A職場のメンタルヘルス」(共著) ほか
労働関係雑誌への執筆多数。

ページトップ