従業員のメンタルヘルス問題に対する企業の対応(新潟会場)

平成25年度 第3回定期購読者無料セミナー

従業員のメンタルヘルス問題は、企業の人事担当者を悩ませる大きな今日的課題の一つで、未だベストな解決策があるとはいえません。

メンタルヘルスは、その対応を誤ると企業に対し多額の損害賠償の支払い義務が課せられる可能性がある問題であり、それだけでなく、休職命令の発令や復職の可否など、多くの法的問題点があり、場面に応じたきめ細かな対応が必須です。

今回は、使用者側弁護士として経営法曹会議に所属し、多くの企業への指導や多数の労働裁判を担当している岡崎教行氏をお招きし、法律的な視点からみた従業員のメンタルヘルスへの対応について、ご自身の経験や判例を交えてご解説いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

【重要ポイント】
(メンタルヘルスに関連して)
労災問題、損害賠償請求の実際、休職・復職の扱い、日頃の労務の実務

セミナープログラム

開催日時
2013年9月12日(木)13:30~16:30(受付開始13:00)
会場

朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター) 中会議室201 ※会場案内はこちら
TEL:025-246-8400
新潟市中央区万代島6-1
※お車でお越しの際は、万代島駐車場A~Eをご利用ください。1社につき2時間分の駐車券を発行します。
※JR新潟駅から徒歩20分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様 1紙・誌につき2名様まで無料
読者の方で3名以上のご参加および一般の方は、1名につき15,750円(税込)です。

定員

100名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤、古井)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-3956-3151
【FAX】03-3956-1611
【WEB】https://www.rodo.co.jp/
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

牛嶋・寺前・和田法律事務所 弁護士 岡崎 教行 氏

1977年生まれ
1996年 法政大学付属第一高等学校卒業
2000年 法政大学法学部卒業
2001年 司法試験合格
2002年 法政大学大学院卒業
2003年 弁護士登録(第一東京弁護士会)
経営法曹会議会員

著書

「現代労務管理要覧」(新日本法規出版、分担執筆)
「Q&A労働法実務シリーズ9 企業再編に伴う労働契約等の承継」(中央経済社、執筆協力)

ページトップ