従業員のメンタルヘルス管理と法的実務(東京会場)

平成25年度 第1回定期購読者無料セミナー

従業員のメンタルヘルス問題が社会的に認知されてきておりますが、未だベストな解決策があるとはいえません。そのような中で、今や企業の従業員に対する安全配慮義務の多くをメンタルヘルス対策が占めており、企業にとって喫緊に解決すべき大きな課題の一つです。

しかし、メンタルヘルス対策は、(1)病気であるか否かの判断が難しい、(2)病気であっても就業できない程度のものか判断が難しい、(3)何が原因で病気になったのか分かりにくい、(4)体の病気に比べ再発する可能性が高い――など、企業にとって対応が極めて難しいものです。

今回は、労働新聞に「企業を守る メンタルヘルス管理術」を事務所の弁護士と持ち回りで連載している弁護士の岡芹健夫氏をお招きし、法律的な視点からみたメンタルヘルス管理の実際を、事例や判例を交えてご解説いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

【重要ポイント】
(メンタルヘルスに関連して)
従業員の採用、社内体制づくり、不調者の発見と対応、休職制度、休職命令の注意事項、
復職の見極めと退職してもらう場合の問題点 など

セミナープログラム

開催日時
2013年7月12日(金)14:00~16:30(受付開始13:20)
会場

(神保町)日本教育会館 8階 第一会議室
道案内専用電話 03-3230-2833
東京都千代田区一ツ橋2-6-2
※地下鉄都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
※地下鉄都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分
※東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
※東京メトロ東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様 1紙・誌につき1名様まで無料
読者の方で2名以上のご参加および一般の方は、1名につき15,750円(税込)です。

定員

300名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤、米山)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-3956-3151
【FAX】03-3956-1611
【WEB】https://www.rodo.co.jp/
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

髙井・岡芹法律事務所 所長弁護士 岡芹 健夫 氏

平成3年早稲田大学法学部卒業、同年司法試験合格。
平成6年司法修習所修了(第46期)、第一東京弁護士会登録、髙井伸夫法律事務所入所。
平成21年髙井伸夫法律事務所所長代行就任。
平成22年髙井・岡芹法律事務所に改称、同所所長就任。

企業側の立場から各種人事・労務問題の解決に取り組み、経営法曹として高い実績をもつ。

ページトップ