紛争防止に役立つ就業規則の作成ポイント(名古屋) ~基礎と要点をマスター~

近年、想定される労務リスクに事前に備えることがますます重要となっており、その対策のひとつとして就業規則の規定をどうするかがポイントになっています。

最近の裁判例では、就業規則の規定を根拠に会社側に不利となる判決が出るなど、その重要性はますます高まってきております。

そこで本セミナーではこの問題に詳しい岡村弁護士を講師にお招きして、紛争防止という観点から、就業規則の基礎といざというときに役立つ要点までを実務的に分かりやすく解説いただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

※当日の講演を録画し、後日読者専用サイト内で公開予定です。※

セミナー内容

1.就業規則の重要性
・就業規則の意義・役割
・労使紛争の防止という観点から見た就業規則の重要性
・労働事件における就業規則の重要性

2.紛争防止のために必ず押さえておくべき就業規則の『基礎』
・就業規則の作成・届出義務、意見聴取義務、周知義務
・記載すべき事項
・不利益変更の場合の対応

3.いざというときに役に立つ就業規則の『要点』
・問題社員に対応するための就業規則のポイント
・近時の労使紛争で問題となりやすい規定
・テーマ別に見た良い規定例・悪い規定例
適用範囲/採用/試用期間/服務規律/配転・出向・転籍/賃金(残業代、諸手当、退職金、賞与)/労働時間/休職・復職/退職・解雇・雇止め/懲戒処分/セクハラ・パワハラ/情報管理/その他
・有期労働契約(更新基準、更新回数の上限、無期転換)に関する規定

注意事項等

※会場内での録音・録画、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

セミナープログラム

開催日時
2016年11月17日(木)13:30~16:30(受付開始 13時)
会場

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)10階 1002会議室
TEL:052-571-6131
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
※JR名古屋駅桜通口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
※ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様 1紙・誌につき2名様まで無料
読者の方で3名以上のご参加および一般の方は、1名につき16,200円(税込)です。

定員

120名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-3956-3151
【FAX】03-3956-1611
【WEB】https://www.rodo.co.jp/

講師プロフィール

岡村 光男 氏(弁護士 安西法律事務所)

中央大学法科大学院卒業
第一東京弁護士会 労働法制委員会委員
主な取り扱い分野は、人事労務全般の相談、労働訴訟・労働審判・仮処分の係争案件対応等

著書

「民法を中心とする 人事六法入門」(労働新聞社、編集者弁護士)
「有期雇用・高年齢者雇用の法律問題」(労働新聞社、共著)
「社員が裁判員に選ばれたらどうするか?」(労働調査会、共著)
「改訂版最新実務労働災害」(三協法規出版、共著)
「企業労働法実務入門」(日本リーダーズ協会、共著)
「チェックリストで分かる 有期・パート・派遣社員の法律実務」(労務行政、共著)

ページトップ