電通、名古屋大学、中日新聞社が包括的連携協定を締結

2020.12.24 【株式会社電通】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

地域産業、地域社会の発展を目指し、協働を推進

2020年12月24日
株式会社電通
国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学
株式会社中日新聞社

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博、以下「電通」)、 国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学(本部:愛知県名古屋市、総長:松尾 清一、以下「名古屋大学」)、株式会社中日新聞社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:大島 宇一郎、以下「中日新聞」)は、地域社会の発展のため、包括的連携協定を本日締結し、その一環として、地域の小・中・高生を対象としたキャリア教育支援事業を共同で実施します。

本事業は、中部エリア(愛知県、岐阜県、三重県)を中心とした地域の小学生、中学生および高校生を対象に、産学連携による出張授業を行い、職業意識の啓発を目指します。実際に地元で働く方々に講師となっていただくことで、子どもたちが地元で働くことの魅力をイメージすることにもつながり、地域活性化へも貢献していきます。

東京一極集中と地方の疲弊に伴い、地域社会の課題は多様化しています。教育、医療福祉、環境、防災、文化振興など、多くのテーマで課題解決が急務とされる中、電通のコミュニケーションを中心としたビジネスプロデュース力、名古屋大学の世界トップレベルの研究力、中日新聞の地域に根差した情報発信力といった、3者が保有するリソースを連携させ、地域のニーズに即した課題解決を目指します。

 
<体制図と役割>
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239105-O1-1FxJw8E6

 
以上

ページトップ