OpenWorkリクルーティング、22卒の新卒採用向け機能を無料化

2020.12.01 【オープンワーク株式会社】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

就活生の約半数が登録するOpenWorkで求人掲載とスカウトが完全無料に

2020年12月1日
オープンワーク株式会社

コロナ禍による就職氷河期を繰り返さない OpenWorkリクルーティング、22卒の新卒採用向け機能を無料化 ― 就活生の約半数が登録するOpenWorkで求人掲載とスカウトが完全無料に ―

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:大澤 陽樹)は、社員の働きがいを採用力に変えることができる企業向け採用支援サービス「OpenWorkリクルーティング」の2022年卒の新卒採用向け機能を、本日12月1日よりすべての企業に無料開放したことをお知らせいたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012017928-O1-3l866QAY

■ 「OpenWork」リクルーティングの概要
OpenWorkは、企業の社員・元社員から情報を収集しているWEBサイトとしては、国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(1030万件超)が蓄積されており、社会人だけでなく就活生の約半数(※1)が「OpenWork」に登録しています。「OpenWorkリクルーティング」は、「OpenWork」に訪れるユーザーに向けて中途・新卒向け求人掲載とスカウトが可能です。クチコミをベースにした新しい採用プラットフォームで、初期費用・月額無料でご利用いただけます。企業は本格的な転職活動前のユーザーと接点を持つことができ、社員評価をオープンにすることで社会問題化する採用ミスマッチを減少させる可能性を持っている(※2)点が最大の特徴です。

■ 「OpenWorkリクルーティング」無料化の目的と背景
新型コロナウイルス感染拡大は、多くの企業の業績へ深刻な影響を与えています。特に、影響の大きい業界として挙げられる人の移動がともなうサービスや、リアルな接客を基盤とするサービスを展開する企業のなかには、就職人気企業としてここ数年で数多くの新入社員を採用していた企業も少なくありません。実際に、2021年卒の大学生の就職内定率が5年ぶりに70%を割り(※3)、リーマンショック後の2009年につぐ下落幅となるなど深刻な影響が出ています。
そうした中で懸念されるのは、バブル崩壊後の90年代後半から2000年初頭の就職氷河期が再び訪れることです。就職氷河期は、企業の採用抑制によるミスマッチや非正規社員の増加、企業内における先行世代からの技術・経験等の継承の難航、国際競争力の低下など、未だ日本経済に影響を及ぼしています。

オープンワークは就職氷河期を繰り返さないためにも、企業向け採用支援サービス「OpenWorkリクルーティング」を2022年卒の新卒採用を行うすべての企業へ無料開放することで、新入社員を採用する意思があり、社員一人ひとりが働きがいを持って仕事に取り組んでいる企業の新卒採用を支援してまいります。

今後もオープンワークは、『ひとりひとりが輝く、ジョブマーケットを創る』というミッション実現のために、「働く」のすべてをオープンにし、ジョブマーケットの透明性を高めることで、すべての個人が主体的にキャリアを選択できる社会創りに取り組んでまいります。

(※1)2020年1月15日 OpenWorkユーザーの内、2020年卒業予定の学生ユーザー数調査(2020年1月9日時点)より
例年約50万人動くと言われる就活生に対して、2020年卒業予定の学生ユーザー数が24.5万人となり、OpenWorkは就活生の約半分が登録するサービスとなっています。
(※2)2019年2月22日から25日に、パーソルキャリア株式会社「CAMP」と株式会社パーソル総合研究所が実施した1,700人の調査では、76.6%の社会人が入社前と入社後にギャップがあったと回答。一方で、OpenWorkで転職した方は13.4%の社会人だけが入社後にギャップがあったと回答。
(※3)2020年11月17日 文部科学省・厚生労働省 公表「2020年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)」より
大学(学部)の就職内定率は、前年同期比7.0ポイント減の69.8%。10月1日時点の就職内定率が70%を下回るのは、2015年以来5年ぶり。リーマン・ショック後となった2009年のマイナス7.4ポイントにつぐ、下落幅となった。

■ オープンワーク株式会社 代表取締役社長 大澤のコメント
コロナ禍により世界中が混乱を極め、企業の採用活動や学生の就職活動にも大きな影響を与えています。
就職氷河期の再来を防ぎたい。更には従来から課題となっているミスマッチ採用を防ぎたい。OpenWorkではそのような想いから、2022年卒学生対象の新卒採用における全サービスを無料で提供することにいたしました。会社情報・求人掲載、スカウト送信、候補者管理は勿論、通年採用や職種別採用にも対応しており、ワンストップでお使いいただけます。

OpenWorkは就活生の2人に1人が利用する転職・就活のためのプラットフォームです。多くの優秀学生が会社選びに活用しています。1社でも多くの“働きがい”に自信のある企業・人事の皆さまにご活用いただき、学生一人ひとりにとっての良い企業に出会える場を提供することが、私達にできることだと思っております。

当社の想いに共感いただける企業・人事の皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

【OpenWorkについて】
OpenWork(オープンワーク)では、実際に働いた経験に基づく「社員・元社員の声」を共有しています。企業の社員・元社員から情報を収集しているWEBサイトとしては、国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(1030万件超)が蓄積されており、会員数は約390万人(2020年11月時点)となっています。私たちは、企業の労働環境をよりオープンにしジョブマーケットの透明性を高めることで、健全な雇用環境の発展に貢献するとともに、企業と個人のより良いマッチングをサポートし、一人ひとりが自分らしく生きることを応援したいと考えています。

【オープンワーク株式会社 会社概要】
商号: オープンワーク株式会社
代表者: 代表取締役 大澤 陽樹
所在地: 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39階
事業内容:就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム
     「OpenWork(オープンワーク)」(https://www.vorkers.com/)の企画運営
資本金: 6億4500万円

ページトップ