ピーシーアシスト、法人向けLMSベンダーのライトワークスとの協業を開始

2020.11.18 【テクノプロ・ホールディングス株式会社】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

~「Winスクール」の技術系講座を「CAREERSHIP®」のeラーニング教材として提供~

2020年11月18日
テクノプロ・ホールディングス株式会社

当社子会社で教育研修事業を手掛けるピーシーアシスト株式会社 (本社:京都府京都市、代表取締役:下坂 光、以下「ピーシーアシスト」)は、法人向けLMS(Learning Management System、学習管理システム)大手ベンダーである株式会社ライトワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役:江口夏郎、以下「ライトワークス」)との協業を開始し、機械分野やIT分野などの研修を提供する「Winスクール」の技術系講座をライトワークスが開発・運営する統合型学習管理システム「CAREERSHIP®(キャリアシップ)」のeラーニング学習コンテンツとして提供することを決定しました。

協業の背景・目的
ピーシーアシストは、全国主要都市56か所に展開する「Winスクール」でパソコン資格取得、CADによる機械設計や建築設計、Webデザインやプログラミング、ネットワーク技術、AI・IoT・クラウド技術といった200以上の講座を開講しています。また、新型コロナウイルス感染症拡大を受けて「Winスクール」教室への通学による受講だけではなく自宅や職場で受けられるオンライン講座の提供を開始し、eラーニングコンテンツの開発も積極的に推進しています。

ライトワークスは、大企業を中心に、最新のICTや独自の教育手法を駆使した学習管理システム(LMS)、eラーニング教材、人材育成コンサルティング等を提供しており、同社が開発・販売している総合型LMS「CAREERSHIP®」は上場企業売上TOP100社の47%に導入(※ライトワークス調べ、2020年6月時点)されるなど高い評価を受け順調に利用者が増加しています。利用者の増加に伴い、ビジネスのIT化やDX推進に対する要求の高まり等を受け、エンジニア向けの教育コンテンツのさらなる拡充が急務となっていました。

このような背景をふまえ、年間1,484社の企業研修実績を持つ「Winスクール」の実践的な技術系講座を、大手企業などの幅広い利用者に支持されているライトワークスの「CAREERSHIP®」のeラーニングコンテンツとして販売提供することにより、利用者に対して新しい価値提供が可能になるものと考え、今回の協業を決定しました。

ピーシーアシストは、実務の現場が求めるスキルが身につく「Winスクール」の講座を多様なチャンネルを通じて提供し、数多くのお客様にご利用いただく機会を増やすことにより、今後も皆様のスキルアッププランの実現を幅広くサポートしてまいります。

【Winスクールについて】 
北海道から鹿児島まで全国56校に展開するWinスクールは、「企業が求めるあらゆる人材を育成する」ことをスクールコンセプトに、プログラミング、ネットワーク、CAD、Web、デザインなどの技術者・エンジニア・デザイナーを育成します。年間の受講生は1万7000名を超え、こだわりの個人レッスンと最新の学習環境で、仕事や就職に直結する実践スキルが身につきます。企業からの受講生が全体の半数を占め、年間1,500社以上の社員研修を実施しています。
《Webサイト》https://www.winschool.jp/

【ライトワークスについて】
 ライトワークスは、大企業を中心に、最新のICTや独自の教育手法を駆使した学習管理システム(LMS)、eラーニング教材、人材育成コンサルティング等を提供しています。これにより、組織と個人が呼応しながら健全な成長を図れる仕組みを構築し、企業内人材の開発・即戦力化、サービスレベルの向上をサポートします。
《Webサイト》https://www.lightworks.co.jp/

ページトップ