阪南大学長の決定(重任)について

2020.10.02 【学校法人阪南大学】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

阪南大学長の決定(重任)について

2020/10/2
阪南大学公式WEBサイト

 令和2年9月15日に実施された阪南大学(大阪府松原市)学長選挙において、現学長の田上博司氏が信任され、令和3年4月1日より阪南大学長に就任(重任)することが決定した。(任期は令和6年3月31日までの3年間)
 阪南大学は、昭和40年4月に商学部のみの単科大学として開学し現在は、流通学部、経済学部、経営情報学部、国際コミュニケーション学部、国際観光学部の5学部5学科および、大学院企業情報研究科(修士課程)を持つ総合大学(学生数約5,000名)へと成長。
2020年4月からは、「AI・データサイエンス教育研究所の設置」や「全学部・全学生に対しAI・データサイエンス教育の導入」を実施するなど「AI共存時代を生き抜く力をもった人間を育てる」取組を積極的に実施している。

ページトップ