ブラジル大手銀行Banco ItaúインターナショナルへFinantix デジタル・コラボレーション・ハブ提供について

2020.06.01 【FINANTIX合同会社】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

顧客コミュニケーション完全デジタル化ツールについて

ブラジル大手銀行Banco Itaúインターナショナルへの最新デジタル・コラボレーション・ハブ提供について
日本フィナンティクス合同会社の親会社であるFinantixグループはブラジル大手銀行バンコ・イタウ・インターナショナルにFinantixデジタル・コラボレーション・ハブを提供する契約を締結したことをお知らせいたします。
Finantixデジタル・コラボレーション・ハブの主な機能

完全デジタル化ツールにより、セキュアに追跡可能な顧客コミュニケーションスイート(電子メール、チャット、オーディオ、ビデオ、画面共有)による24時間年中無休のお客様によるセルフサービス機能が提供されます
口座開設、各種届出事務、書類提出、投資アドバイス、コンテンツ配信など、主要な対顧客事務プロセスにおけるコラボレーションツールとなります
金融機関のお客様担当者などが本部専門家、カウンセラー、シニアマネージャーのプロセスへの参加を容易に調整し、お客様とのコミュニケーションに参加させる事ができる、金融機関のコンプライアンス基準に準拠したセキュアで効率的なマルチメディア・コミュニケーション・チャネルを提供します
バンコ・イタウ・インターナショナルの米国及びスイスのお客様向けオンライン・サービス向上のため、既存のFINANTIXプラットフォームへの追加モジュールとして導入が決定されました

シンガポール2020年5月6日:アセットマネジメント、生命保険、銀行などに最新テクノロジーを提供するFinantixは、金融機関が数週間程度の短期間で金融機関とお客様とのコラボレーションチャネルの構築を可能とする最新のFinantixデジタル・コラボレーション・ハブをリリースしたました。 Finantixデジタル・コラボレーション・ハブでは、ワンストップの仮想プライベートラウンジを活用して、オムニデバイ・マルチメディア・コラボレーション・チャネルを迅速に提供、お客様との主要なアクティビティをデジタル上で実現します。 これには、日々の金融機関による対顧客活動、最新マーケット情報提示、投資アドバイス・サポート、口座開設、与信などのワークフローベースの業務が含まれ、 また、お客様担当者はお客様ごとにパーソナライズされたコンテンツなどをリモートで配信、主要な素明資料の徴収、投資目論見書の提示、レビュー、最終化など、お客様とのやり取りがデジタル上で可能となります。

Finantixデジタル・コラボレーション・ハブの利用にはいくつかのオプションがあります。Finantixクラウド上にホストして一定の機能を利用するパターン、またはプライベートクラウドまたはオンプレミス上にセットアップし最大の柔軟性を備えるFinantix SDK機能を活用するパターンです。いずれの場合も、金融機関のI T部門関与を最小限に抑えながら既存のクライアントポータルとデータとの連携が容易かつ短期間に実装可能です。

弊社では、グローバルなイベントにより極端なマクロ経済の不安定性と市場の不確実性を引き起こされた場合、タイムリーかつ、パーソナライズされたお客様との会話がこれまで以上に重要であると理解しています。お客様担当者は、お客様ごと個別のニーズなどに基づいて、お客様に関連するより奥の深い会話をする必要がありますが、舞台裏では、迅速、コンプライアンス、およびセキュアにプロセスを運用する必要があります。

この新しいFinantixデジタル・コラボレーション・ハブでは、お客様ニーズを満たすため、お客様担当者は、関連性の高い情報にすばやくアクセスし、わかりやすく簡単に実行できるデジタル形式で、それらをお客様に安全に提供することが可能です。お客様との豊富なタッチポイントを維持しながら、情報に基づいたお客様の投資判断をサポートすることができます。 お客様担当者は、関連するマーケット主導のインテリジェンスをお客様とデジタルプラットフォーム上で共有できるようになることで、それぞれのお客様に適したフォローアップディスカッションを提供することができます。

Finantixデジタル・コラボレーション・ハブは、デジタル化、AP I対応のなかに弊社の深い業界ナレッジを活用した製品であり、現在のような状況で影響を受けたすべての重要なお客様とのプロセスをデジタル化することが可能です。本製品は金融機関で一般的に扱われるシステム上の重要データと連携するコネクタとスマートラッパーが用意されています。

バンコ・イタウ・インターナショナルは、米国とスイスのお客様向けの既存オンラインサービスを強化するためにFinantixデジタル・コラボレーション・ハブを選択し、Finantixプラットフォーム上に構築しています。

Finantixチーフ・コマーシャル・オフィサー クリスチャン・シリアーニ:
「金融機関にとって、お客様がタイムリーに意思決定をするためのパーソナライズされた情報を速やかに安全にお客様自身のアクションで取り出すことができるようにする事が今まで以上に重要となっています。またお客様とお客様担当者とがスムース、セキュアにコミュニケーションができ、かつ履歴を正しく記録出来ることも重要であるのは言うまでもありません。Finantix Digital Collaboration Hubオファリングは、これらのニーズを満たすのに最適な製品です。」

Finantix製品部門・研究開発部門ヘッド ヤコブ・ダウナー:
「製品開発は常にビジネスの最重要課題であり、売上の20%以上が毎年R&Dに割り当てられています。 これは、市場ニーズを満たし、最高水準のソリューションを継続的に提供するためです。 FinantixコラボレーションスイートをFinantixデジタル・コラボレーション・ハブとして直ちに実装可能なセットアップオプションへのアップグレードは、進化する市場ニーズに迅速に対応した製品へと進化させ、テストし、立ち上げたチームのスキル、専門知識、知識の優れた証と言えます」

– Ends –
Finantixお問い合わせ先
Raspal Crawford
Head of Marketing & Communication, Asia
Email: raspal.crawford@finantix.com
Phone: +65 9649 9959

FINANTIXについて
FINANTIXは、プライベートバンク、銀行、証券会社、生命保険会社、ウェルスマネジメント会社のお客様に革新的なソフトウェアを提供するグローバル・リーディング・サプライヤーです。 45カ国以上にお客様を持ち、ヨーロッパ、北米、アジアのオフィスでサポートされている主力製品FINANTIX Components product suiteを15年以上にわたり提供しています。
FINANTIX Components product suiteは、複数のグローバルレベルのプライベートバンク、銀行、証券会社、生命保険会社、ウェルスマネジメント会社などの金融機関でご利用頂いております。
本製品ではマルチカントリー、マルチリージョン、マルチチャンネル、オムニデバイスで利用可能なソフトウェアモジュール、ウィジェット、エンジン、コネクタ、APIなどを提供し、金融サービス業界におけるデジタルトランスフォーメーションを支援しています。www.FINANTIX.com

Follow us:
Twitter @Finantix_FS
LinkedIn https://www.linkedin.com/company/finantix/

ページトップ