エデンレッドジャパン、「チケットレストラン」電子化の移行状況を報告

2019.12.19 【株式会社エデンレッドジャパン】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2019年12月19日

株式会社エデンレッドジャパン

エデンレッドジャパン、「チケットレストラン」電子化の移行状況を報告
2020年9月末の移行完了目標に対し、導入企業の半数以上が2019年内に移行済

福利厚生の食事補助ソリューション「Ticket Restaurant®(チケットレストラン)」を提供する株式会社エデンレッドジャパン(所在地: 東京都千代田区、代表取締役: マリック・ルマーヌ)は、2019年12月19日、紙の食事券「チケットレストラン」から電子カードタイプ「Ticket Restaurant® Touch(チケットレストラン タッチ)」への移行が当初の計画よりも速いペースで進んでいることを発表しました。

2018年11月に発表したプレスリリース(注1)にありますとおり、エデンレッドジャパンは「日本における食事補助ソリューションの完全電子化移行計画(以下、本計画)」に基づいた電子化を進めています。2019年12月20日現在、紙の食事券導入企業の半数以上が移行を完了しています。

当社が本計画を発表した一年ほどの間に、キャッシュレス決済の普及が加速しています。2019年10月1日の消費税率引上げ時に発足したキャッシュレス・消費者還元事業による中小企業向けのキャッシュレス推進策や、2020年の国際的スポーツイベントを控えた国内キャッシュレス経済インフラ整備、さらにキャッシュレス決済システムの新規参入など、日々キャッシュレス経済が話題となる機会が増えています。

当社代表取締役CEOのマリック ルマーヌは次のように述べています。
「日々の紙の食事券の電子化活動を通じて、キャッシュレス決済が世の中に急速に浸透してきていることを肌で感じています。当社の食事券の電子化も、想定より速いペースで進んでいます。これは、食事補助を従業員に提供する導入企業、食事補助の利用者である従業員の皆様、更に食事を提供する加盟店の皆様にとって、メリットを感じていただいているからと考えています。今後、電子ソリューションならではのさらなる付加価値サービスの提供を目指し、サービスの拡充と価値向上に努めてまいります。」

食事補助の意義は変革期を迎えています。最近では従業員の健康を守る中長期的な先行投資型の福利厚生として見直され、旧来の給与の代替支払い手段としてのばらまき型の福利厚生から、「健康経営」「働き方改革」といった人事・総務面の課題解決を促すツールとして、目的意識を持って導入する企業が増えてきています。当社は、紙の食事券を利用している企業や飲食店がスムーズに電子カードタイプへの移行を実現できるよう、移行の意義と利便性を企業と加盟店の双方に提案し、食事補助ソリューションによるさらなる価値の提供を引き続き進めていきます。

注1(関連プレスリリース):
エデンレッドジャパン、「チケットレストラン」の電子化を加速し、食事補助ソリューションの利便性向上へ(https://www.edenred.jp/news/pdf/2018-11-09_PR.pdf

【エデンレッドジャパンについて】
株式会社エデンレッドジャパン(旧バークレーヴァウチャーズ)は、日本における食事補助ソリューション「チケットレストラン(Ticket Restaurant®)」のパイオニアおよびマーケットリーダーで、エデンレッド(Edenred)の 100%子会社です。

エデンレッドジャパン 企業ホームページ https://www.edenred.jp
チケットレストラン ソリューションサイト https://www.ticketrestaurant.jp
働く人の福利厚生ニュース Workers Bistro https://workers.ticketrestaurant.jp/
公式 facebook アカウント www.facebook.com/TicketRestaurantJapan
公式 Twitter アカウント @Ticket_RestJP

【エデンレッドグループについて】
エデンレッドは、働く人々の毎日を支える決済システムの世界的リーダーで、導入企業83万社、従業員5000万人、加盟店200万店をつなぎ、世界46カ国で展開しています。世界規模の技術基盤により、2018年の取引数は25億件、モバイルアプリをはじめオンラインプラットフォームやカードによる取引を中心に、取引金額が300億ユーロを超えました。エデンレッドの社員1万人は、従業員のQOL(生活の質)や企業の利便性、そして加盟店の売上の向上に寄与すべく取り組んでいます。主な事業は以下の三点です:

・ 福利厚生ソリューション(食品、食事、ウェルビーイング、余暇、文化および人事関連)
・ モビリティソリューション(燃料費、高速料金、保守費、出張費)
・ 企業間決済(コーポレートペイメント)サービス(バーチャルカード、特定電信送金、サプライヤーペイメント)を含むその他のソリューション、報酬プログラム(ギフトカードおよびプラットフォーム、インセンティブプログラム)、および公共プログラム

エデンレッドは ユーロネクスト・パリ証券取引所に上場しており、以下の指標に含まれています:CAC Next 20、FTSE4Good、DJSI Europe、MSCI Europe

エデンレッド 企業ホームページ www.edenred.com

本リリース内のロゴや商標は、エデンレッド、エデンレッドの子会社または第三者の登録商標です。所有者の書面による同意なしには商用利用はできません。

ページトップ