Cloud PARKとAI自動要約システム「QuickSummary」が連携 「自治体向けAI要約サービス」10月1日提供開始

2019.09.12 【株式会社エーアイスクエア】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2019年9月12日

株式会社エーアイスクエア

Cloud PARKとAI自動要約システム「QuickSummary」が連携 「自治体向けAI要約サービス」10月1日提供開始

 京都電子計算株式会社(代表取締役社長:山本忠道、以下「京都電子計算」)と株式会社エーアイスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田正樹、以下「エーアイスクエア」)は、エーアイスクエアが提供するAI要約サービス「QuickSummary」(※1)に関する利用許諾契約を締結し、Cloud PARK(※2)の「自治体向けAI要約サービス」(LGWAN-ASP登録番号:A831085)として2019年10月1日(※3)より提供を開始いたします。

 エーアイスクエアが提供する「QuickSummary」は、テキスト化された文書や対話内容から重要なセンテンスやキーワードを抽出するだけでなく、特定の企業・業務に合わせた教師データを投入することで、文書を生成・分類することができます。既に他業界複数業務において採用されています。

 「自治体向けAI要約サービス」では、京都電子計算のCloud PARKにてエーアイスクエアが提供する高精度のAI要約サービス「QuickSummary」を、高いセキュリティレベルを求められる地方公共団体でもご利用いただけるよう、セキュリティ機能や運用サポート機能を新たに搭載し、LGWAN-ASPサービスとして提供を行います。

  今後、両社は全国規模で自治体への提供および事業拡大を目指すとともに、共同でLGWAN-ASPサービスとしてAIを用いた様々なイノベーションを実現し、地方自治体における働き方改革をご支援します。

【関連情報】
 ・10月10日(木)11日(金)に東京ビッグサイト青海展示棟にて開催される地方自治情報化推進フェア2019(※4)に当サービスを出展します。ご来場、心よりお待ちしております。
 ・Cloud PARKは、「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」にて、Governmentアワードで最優秀賞を受賞しました。
 https://partner.microsoft.com/ja-jp/connect/jp-award

※1:https://www.ai2-jp.com/package02/
※2:http://www.kip.co.jp/product/2018062100017/
※3:10月よりテストユーザーにサービス開始。12月より一般ユーザーへサービス開始予定。
※4:https://www.j-lis.go.jp/spd/fair/event/fair2019/index.html

■京都電子計算株式会社について
本社 :〒604-0857 京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町260番地
設立 :1964年10月1日
代表者 :山本 忠道(代表取締役社長)
資本金 :5,000万円
従業員数 :300人
事業内容 :クラウドサービス
        システム開発、パッケージソフトの開発、
        システム・インテグレーション(SI)サービス、
        アウトソーシングサービス、データ処理サービス
URL :http://www.kip.co.jp/

■株式会社エーアイスクエアについて
所在地 :東京都千代田区岩本町3-9-3 フォレスト秋葉原ビル8F
設立 :2015年12 月1日
代表者 :石田 正樹(代表取締役)
資本金 :1億8,625万円
従業員数 :30 人
事業内容 :人工知能(AI)を活用した各種ITサービス提供およびコンサルティング等
URL :https://www.ai2-jp.com/

※記載されている情報は、発表時点のものです。
※最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

ページトップ