産学連携で学生のアイデアを商品化

2022.07.08 【立教大学(学校法人立教学院)】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Z世代のための「内定者フォローワークショップ」を ダイヤモンド社と共同開発

2022年7月8日
立教大学

報道関係各位

立教大学経営学部(東京都豊島区、学部長:山口和範)の中原淳教授が担当するゼミナールと株式会社ダイヤモンド社(東京都渋谷区、代表取締役社長:石田哲哉)は、「内定者フォローワークショップ」を共同開発し、販売を開始しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207083576-O1-YS3JL3JY

今回の取り組みは、ダイヤモンド社、ダイヤモンド・ヒューマンリソース、立教大学中原ゼミナールによる産学連携の共同プロジェクトで、学生が企画・アイデアを提案するだけで終わるのではなく、それらを学生自身の手で商品化し、企業・組織の課題解決のためのツールとして、実際に販売・提供することを目標にスタートしました。テーマは「内定者フォロー」。近い将来、自らも就職活動を経て社会人となる学生たちが、「真剣ながらも楽しく取り組める」「同期のつながりが深まる」「入社に向けてのモチベーションが高まる」ワークショップを開発しました。

約50年の歴史を誇るダイヤモンド社の新卒内定者フォローツール『フレッシャーズ・コース』をベースに、中原ゼミナールに所属する「イマドキの学生」が独自の目線で企画・開発した「Z世代のZ世代によるZ世代のための内定者フォローワークショップ」です。

 
商品に関して

●真剣ながらも楽しく取り組める課題を通して“学びと気づき”を深められる4つのワークショップ
中原ゼミナールで人材開発・組織開発を学ぶ学生が、専門的な知識・スキルと学生ならではのアイデアや遊び心を活かしてワークショップを開発。ゲーム感覚で楽しく取り組めるワークを通して、同期との関係性や入社後に必ず役立つ学びと気づきを得ることができます。

●対面・オンラインのいずれでも実施できる、約100分で完結するコンパクトなプログラム
4つのワークショップは対面でもオンラインでも実施できます。実際に集まっての開催はもちろん、全国各地の内定者をオンライン上に集めての開催も可能です。約100分のコンパクトなプログラムのため、懇親会や説明会と組み合わせての実施などもおすすめです。

●社内ファシリテーターによって自由に実施・活用できる内製化支援パッケージ
社内ファシリテーターによるワークショップの実施を全面サポート。投影スライドやワークシートに加えて、台本(スクリプト)を記したマニュアル等をご提供します。いつでも何度でも実施いただけるほか、自社のニーズに合わせて自由にカスタマイズすることも可能です。

 
ワークショップ① つながるアニマル【関係構築ワークショップ】         
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207083576-O2-xW80oFwr

コロナ禍によって内定者フォローをオンライン化した企業が多くあります。しかしオンライン懇親会を催したものの、実際は「人事が一方的に話して終わってしまった」「内定者同士の交流が思ったほど盛り上がらなかった」「活発な内定者だけが目立ってしまった」といった声もよく耳にします。このワークショップでは、内定者同士で協力し合って楽しく取り組める3つのワークを実施します。短時間で内定者の間に【同期と支え合える関係=つながり】をつくるためのプログラムです!

 
ワークショップ② 筋道思考で脱精神論! 【論理思考ワークショップ】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207083576-O3-Y2OF5568

新人や若手の研修に取り入れたい項目に上がる「ロジカルシンキング(論理的思考)」。社会人になると、友人や家族ではない、バックグラウンドの異なる人々と一緒に仕事をします。そこでは論理的に考えることや分かりやすく説明することが不可欠です。このワークショップでは、グループで楽しみながら、情報を整理して筋道を立てて物事を考える「筋道思考」を学び、その「大切さ」に気付きます。入社後に必要となる論理的思考への足場架けとなるワークショップです!

 
ワークショップ③ おおはしゃぎの旅 【質問力ワークショップ】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207083576-O4-mf0ZLB7H

仕事の現場で「新入社員が質問してくれなくて困っている」という声をよく聞きます。その一方で、新人は「どうやって質問したらいいのか分からない」「上司や先輩は忙しそうで声を掛けていいのか不安」といった悩みを抱えています。このワークショップでは、内定者の皆さんと「おおはしゃぎ」の旅に出発し、3つのイベントを通して、質問の「型」と「姿勢」を学びます。旅が終わるころには、今日からすぐに役立つ「質問力」が身に付く、実践的なプログラムです!

 
ワークショップ④ 初めての勇者研修 【強み発見ワークショップ】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207083576-O5-BeyR5o25

皆さんは職場で自分の「強み」を十分に発揮できていますか? 職場で強みを発揮するためには、自分の強みを理解し、周りにも知ってもらうことが重要です。しかしながら、実際には「自分の強み」を認識できていない方も少なくありません。このワークショップでは、内定者の皆さんに、強みの再認識と、それを「必殺技」に例えたトリセツの作成をします。自分の強みを分かりやすく周りに伝えて発揮するための準備をし、職場にイロドリをもたらす一人前の勇者を目指すプログラムです!

※商品詳細はこちらをご覧ください
https://jinzai.diamond.ne.jp/rp/prospective-employee-workshop/

●立教大学経営学部 中原ゼミナール
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207083576-O6-4syr132y
中原ゼミナールは立教大学経営学部中原淳教授のもと、組織開発と人材開発について専門的に学んでいるゼミです。「自分たちの学びは、自分たちでデザインせよ!」という方針のもと、クライアント企業とのプロジェクトの立ち上げ、人材開発に関するイベントの開催など、各期のメンバーが話し合いを通して、自分たちの未来を、自分たちで決めています。

中原ゼミナールWebサイトはこちらから
https://www.nakaharaseminar.com/

 
●ダイヤモンド社 HRソリューション事業室                                                                   【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207083576-O7-2iBkp4XT
「アカデミックな知見と現場をつなぎ、人と組織の活性化を支援する」をスローガンに、学者・研究者とのネットワークを活かし、科学に裏付けされた知見を企業の現場でうまく機能させるためのツールやプログラムを開発し、提供しています。人材の採用から育成までを事業領域とし、人と組織の活性化を全力で支援しています。
株式会社ダイヤモンド社 HRソリューション事業室
責任者:取締役室⻑ 井上 直
https://jinzai.diamond.ne.jp/

 
●ダイヤモンド・ヒューマンリソース
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207083576-O8-PWLIq37C
1957年にダイヤモンド社が発刊した日本初の就職情報誌『ダイヤモンド会社就職案内』を事業の始まりとして、就職情報サービスを全国規模で展開。ダイヤモンド社グループの「総合人材サービス企業」として、ダイヤモンド社の開発する適性テスト・研修・組織診断など人材開発領域のサービス提案を主たる事業としています。
株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース
代表取締役社⻑ 筒井 智之
https://www.diamondhr.co.jp/

 

 

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。