IDホールディングス、鳥取県江府町と協定を締結

2022.06.17 【株式会社インフォメーション・ディベロプメント】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

地方創生SDGsの達成に向け行政と地域社会のDXを推進

2022年6月17日
株式会社IDホールディングス

IDホールディングス、鳥取県江府町と協定を締結 地方創生SDGsの達成に向け行政と地域社会のDXを推進

当社は、「SDGs戦略」の一環として、鳥取県江府町(町長:白石祐治氏)におけるDX推進と町民サービスの向上の実現に向けて、「連携と協力に関する協定」(以下、本協定)を締結することに合意しました。
江府町は、少子高齢化という課題に直面しながらも、長期的視点に立った総合的なまちづくりに取り組んでいます。行政および地域におけるデジタル化や高齢者デジタルデバイドへの対策等が課題とされているなか、本協定の締結により、双方の資源を有効活用することで、江府町の目指す「誰一人取り残さないデジタル社会の実現」に向けた取組みを推進します。

連携および協力する事項
(1)自治体DXの推進による町役場の構造改革
(2)地域社会のデジタル化推進とデジタルデバイド対策
(3)その他両者が協議し、合意した事項

協定締結日
2022年6月24日(予定)

具体的な今後の取組み
政府が進める「地方創生SDGs」の達成に向けた取組みである「企業版ふるさと納税(人材派遣型)」を利用した寄附および人材派遣を行い、江府町による行政および地域におけるDXの推進にかかる施策に参画します。

当社は、中期経営計画「Next 50 EpisodeⅡ 『Ride on Time』」(2023 年3月期~2025 年3月期)の基本戦略のひとつに「SDGs戦略」を掲げており、企業や自治体と連携した地方創生への取組みを実施しています。今後も当社は、【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172638-O1-w3KLvxp7】する未来をお届けするITエンジニアリングパートナーを目指すとともに、持続可能な社会の実現に貢献します。

以  上

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。