《地方の働きがいのある会社は?》2022年版 各地域における「働きがいのある会社」優秀企業発表!

2022.05.25 【Great Place to Work (R) Insititute Japan】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

地域や社会への貢献を加味した「働きがいのある会社」 6地域 26社を表彰

2022年5月25日
Great Place to Work® Institute Japan
(株式会社働きがいのある会社研究所)

「働きがいのある会社」に関する調査・分析を行うGreat Place to Work® Institute Japan(本社:東京都品川区、代表取締役社長:荒川陽子、以下GPTWジャパン)は、2022年版 各地域における「働きがいのある会社」優秀企業(以下、地域優秀企業)を、5月25日(水)に発表しましたので、お知らせいたします。

地域優秀企業は、 2022年版 日本における「働きがいのある会社」認定企業の中から 、東京を除く日本の6地域ごとに、「働きがい」の優れた企業を選出したものです。 日本での地域優秀企業の発表は今年が初めてとなります。 

2022年版 各地域における「働きがいのある会社」優秀企業 

ランキングに付随するサブランキングや優秀企業賞などの発表は、文化背景などを受けて各国で独自に設定しており、日本においては「女性」、「若手」など複数のテーマで発表しています。本発表は「地方における『働きがい』の高い企業」にスポットをあてることを狙いとしています。

<地域区分>
・北海道・東北地域(北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)
・関東地域(東京を除く、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川)
・中部地域(新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知)
・近畿地域(三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
・中国・四国地域(鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知)
・九州・沖縄地域(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

各地域の優秀企業は以下の通りです。
※五十音順
※詳細はこちら: https://hatarakigai.info/ranking/region/

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201465-O1-wuPtBCN2

北海道・東北地域

・VISIT東北 (生活関連サービス業、娯楽業/宮城県)

・北の達人コーポレーション(製造業/北海道)

・ホリエグループ(建設業/山形県)

関東地域

・E・GROUP(不動産業、物品賃貸業/神奈川県)

・M.SLASH(生活関連サービス業、娯楽業/神奈川県)

・湘南ゼミナールオーシャン(教育、学習支援業/神奈川県)

・Def eat(宿泊業、飲食サービス業/神奈川県)

・日本ケイデンス・デザイン・システムズ(情報通信業/神奈川県)

中部地域

・アンジェラックス(生活関連サービス業、娯楽業/長野県)

・CKサンエツ(製造業/富山県)

・スノーピーク(卸売業、小売業/新潟県)

・ファミリー(卸売業、小売業/岐阜県)

・ヤッホーブルーイング(製造業/長野県)

近畿地域

・新経営サービス(学術研究、専門・技術サービス業/京都府)

・翔志会たけち歯科クリニック(医療、福祉/京都府)

・日本イーライリリー(製造業/兵庫県)

・バーテック(製造業/大阪府)

・Five Line(電気・ガス・熱供給・水道業/大阪府)

中国・四国地域

・エイジ(サービス業(他に分類されないもの)/広島県)

・フレスカ(宿泊業、飲食サービス業/岡山県)

・マイクロンメモリ ジャパン / マイクロンジャパン(製造業/広島県)

・マエダハウジング(建設業/広島県)

・ミクセル(卸売業、小売業/広島県)

九州・沖縄地域

・アイキューブドシステムズ(情報通信業/福岡県)

・現場サポート(情報通信業/鹿児島県)

・関屋リゾート(宿泊業、飲食サービス業/大分県)

 
地域における「働きがいのある会社」優秀企業について

ランキング参加企業にアンケート調査を実施し、その結果が一定レベルを超えた会社を「働きがいのある会社」として世界約60ヶ国で発表しています。アンケート項目と評価基準はグローバル共通です。

地域優秀企業選出にあたっての評価観点は、GPTW調査(※)結果から、地域や社会への貢献を加味し総合的にみて一定水準以上であることです。
日本における「働きがいのある会社」認定・ランキングにエントリーした企業は自動エントリーとなります。

(※)調査内容
「働きがいのある会社」調査は、GPTWが提唱する“全員型「働きがいのある会社」モデルに基づく2種類のアンケートで構成されます。
①働く人へのアンケート
選択式設問(60問)・自由記述式設問(2問)・属性・認識を問う設問(8問)に、働く人が無記名で回答
②会社へのアンケート
企業文化や会社方針、人事施策(採用、経営層からの意見浸透、従業員からの意見聴取、人材育成、ダイバーシティ、ワークライフバランス、社会・地域貢献活動など)の具体的な取り組み内容を会社として回答

Great Place to Work® Instituteについて
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205201465-O2-3KcjlZA1

Great Place to Work® Institute は、世界約60ヵ国で、「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査・分析し、各国の有力メディアでランキングを発表しています。米国では、1998年より「FORTUNE」を通じて毎年発表されており、「働きがいのある会社」ランキングに名を連ねることが、「一流企業の証」として認められています。日本においては、株式会社働きがいのある会社研究所がGreat Place to Work® Institute よりライセンスを受け、Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン)を運営しています。GPTWジャパンでは、「働きがいのある会社」は“働きやすさ”と“やりがい”の両方がかね備わった組織であると考えています。

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。