群馬県中之条町とドコモ、ICT活用による町内DX推進に関する連携協定を締結

2022.05.20 【株式会社NTTドコモ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

~ICTを活用して住民の利便性向上と役場内の業務効率化を推進~

2022年5月20日
群馬県中之条町
株式会社NTTドコモ

 群馬県中之条町(以下、中之条町)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「ICT活用による町内DX推進に関する連携協定」(以下、本協定)を本日締結しました。本協定により、ドコモのICT技術やノウハウを活用し、スマートフォンを用いた中之条町における住民向けサービスの提供や役場内のDX推進の実現に向け、共同で取り組みを進めてまいります。

 中之条町ではコロナ禍による非対面化が進むなか、自治体が提供する住民サービスの利便性向上が求められています。また、役場の職員数も減少傾向にあり、住民サービスのデジタル化や役場内業務のDX推進が急務となっています。一方で、住民の高齢化に伴い、デジタルをうまく活用できず、デジタルデバイドが生じているという課題も抱えています。

 これらの課題に対し、これまで対面で行っていた住民サービスや自治体からの情報をスマートフォンで提供することで、住民の利便性向上と役場のDX推進をめざします。また、高齢者のデジタルデバイトの解消に向け、行政手続きのオンラインサービスの使い方や、スマートフォン操作の習熟支援を行うことで、全ての住民の方が安心して自治体のサービスを受けられる環境づくりを進めてまいります。加えて、役場内業務のDX化を進めることで業務効率化のほか、ペーパーレス化を推進します。

 中之条町とドコモは、本協定を通じICTを活用することで住民一人ひとりが便利に安心して利用できるサービスを提供するとともに、今後ICTを活用したデマンド交通の整備や、地域内のキャッシュレス推進を促進するなど、住民だけではなく観光客にも利便性の高いサービスを提供し、中之条町の魅力向上に向け取り組んでまいります。

 

 
別紙

 
「ICT活用による町内DX推進に関する連携協定」の概要

1.協定の名称
  「ICT活用による町内DX推進に関する連携協定」

2.協定締結日
  2022年5月20 日(金)

3.協定に基づく連携事項
  (1) まちのデジタル化の推進に関すること
  (2) 町民の情報格差(デジタルデバイド)の解消に関すること
  (3) ICTを活用した行政サービスの利便性向上・職員の働き方改革に関すること
  (4) 働き方改革の促進に向けた業務のDX化
  (5) キャッシュレス化・消費活性化に関すること
  (6) その他、地域活性化及び町民サービスの向上

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。